熊本の農村部に莫大な利益をもたらした秘密のシグナルインディケーター

一目均衡表とは?

一目均衡表とは?

一目平均表とは、ローソク足と5本線を使用する事で、時間の概念と波の動きを網羅したすごいインジケーターです。

他のテクニカル分析とは異なり、「価格」の動きよりも「時間」の概念を重視し、相場は買い方と売り方の均衡がくずれた方向に動くとの考えを採用して作られたものです。

転換線(9日)、基準線(26日)、先行スパンA・先行スパンB(52日)、遅行スパンの5本の線が用いられています。

転換線が基準線を下から上へクロスする時が買いサイン、転換線が基準線を上から下へクロスする時が売りのサインとなります。

転換線はトレンドのサポートやレジスタンスになります。

 

雲の役目

先行スパンAとBから形成される領域を「雲」と呼ばれています。この雲はサポートやレジスタンスとして機能しており、多くの人が活用しているものになります。

雲が厚くなっている部分は強いサポートとなり、相場が反転しづらいことを示します。

一方で、相場が薄くなっている部分は一気に抜けやすいので相場が反転しやすい傾向があります。

また、雲の中から雲の外へ抜けた場合はトレンドが加速しやすい傾向にあります。

さらに、先行スパンAと先行スパンBがクロスする地点(図で雲の色が変化する部分)では、相場が反転したり、遁r年度が加速する可能性が高いとされています。

遅行スパンと26日前のローソク足がクロスする地点では強いトレンドが形成される事が多いので、順張りで売買するポイントとなります。

最近の投稿