熊本の農村部に莫大な利益をもたらした秘密のシグナルインディケーター

pips(ピプス)ってなに?

pips(ピプス)とは?

pips(ピプス)とは為替レートの単位を示しています。

時間や距離、時速などにも単位があるように、為替にも単位が存在しております。

世界には、ドルやユーロ、円、フランなど多くの通貨が存在しておりますが、それぞれバラバラの単位を使ってしまうと混乱してしまうので、為替の世界ではpipsで統一しているわけですね。

では、具体的にどのように読んだらいいのか見ていきましょう。

まずは、日本人に馴染みのあるクロス円(ドル円・ユーロ円・ポンド円等)の場合を解説します。

1 pips = 0.01円と考えます。

現在、ドル円の価格が100.000で、100.010に価格が上昇しました。この時、価格は「10pips上昇した」と表現することができます。

100.000が101.340になったら、「134 pips上昇した」と言います。

逆に、99.563の場合は、「43.7 pips 下落した」といいます。

100.000 → 123.450  の場合は、2345 pips価格が上昇したことになります。

 

では、別の通貨で考えてみましょう。ドルストレート(ユーロドル・ポンドドル等)やその他の通貨の場合は、

0.0001 = 1pips と考えます。

ユーロドルを例に解説すると、

1.10000の価格が1.10500に変化した場合は、50 pips上昇したことになります。

1.10000 → 1.24398の場合 1439.8 pipsの価格変動と考えます。

このように、通貨によって小数点が異なりますが、pipsという単位を使用することで、統一して価格の変動幅示すことができるようになるのです。

 

クロス円の利益等の計算例としては、

100.000から101.340に変動した場合、10000通貨で取引すると、

買いの場合:34 pips×10000通貨/100 = 3400円の利益

売りの場合:34 pips×10000通貨/100 = 3400円の損失

 

ドルストレートの利益等の大雑把な計算例としては、

1.10000から1.12560に変動した場合、10000通貨で取引すると、

買いの場合:256 pips×10000通貨/100 = 25600円の利益

売りの場合:256 pips×10000通貨/100  = 25600円の損失

となります。( 正確にはその時のレートによって計算が異なってきますが、概算として計算する分には問題ないと思います)

pips×通貨数÷100で大体の計算できるわけです。

 

pips(ピプス)とは?

pips(ピプス)とは為替レートの単位を示しています。

時間や距離、時速などにも単位があるように、為替にも単位が存在しております。

世界には、ドルやユーロ、円、フランなど多くの通貨が存在しておりますが、それぞれバラバラの単位を使ってしまうと混乱してしまうので、為替の世界ではpipsで統一しているわけですね。

では、具体的にどのように読んだらいいのか見ていきましょう。

まずは、日本人に馴染みのあるクロス円(ドル円・ユーロ円・ポンド円等)の場合を解説します。

1 pips = 0.01円と考えます。

現在、ドル円の価格が100.000で、100.010に価格が上昇しました。この時、価格は「10pips上昇した」と表現することができます。

100.000が101.340になったら、「134 pips上昇した」と言います。

逆に、99.563の場合は、「43.7 pips 下落した」といいます。

100.000 → 123.450  の場合は、2345 pips価格が上昇したことになります。

 

では、別の通貨で考えてみましょう。ドルストレート(ユーロドル・ポンドドル等)やその他の通貨の場合は、

0.0001 = 1pips と考えます。

ユーロドルを例に解説すると、

1.10000の価格が1.10500に変化した場合は、50 pips上昇したことになります。

1.10000 → 1.24398の場合 1439.8 pipsの価格変動と考えます。

このように、通貨によって小数点が異なりますが、pipsという単位を使用することで、統一して価格の変動幅示すことができるようになるのです。

 

クロス円の利益等の計算例としては、

100.000から101.340に変動した場合、10000通貨で取引すると、

買いの場合:34 pips×10000通貨/100 = 3400円の利益

売りの場合:34 pips×10000通貨/100 = 3400円の損失

 

ドルストレートの利益等の大雑把な計算例としては、

1.10000から1.12560に変動した場合、10000通貨で取引すると、

買いの場合:256 pips×10000通貨/100 = 25600円の利益

売りの場合:256 pips×10000通貨/100  = 25600円の損失

となります。( 正確にはその時のレートによって計算が異なってきますが、概算として計算する分には問題ないと思います)

pips×通貨数÷100で大体の計算できるわけです。

 

 

最近の投稿