熊本の農村部に莫大な利益をもたらした秘密のシグナルインディケーター

FXの5つの特徴

 

FXの特徴はいったいなんでしょうか? 他の投資と比べて異なる点が多くあります。その多くは投資家にとってメリットとなることも多いので、このページでまとめてみました。

 

特徴1. いつでもできる

主に9時から15時の間の取引所が開いている間だけ取引が可能なと「株」等と違って、世界中で取引されている為替は、基本的にはいつでもできます。

早朝のオセアニア市場に始まって、朝から昼間は日本市場。夕方から欧州に映り、やがて夜は主戦場の米国へとつながっています。

サラリーマンのような昼間は仕事で取引ができない人達にとっては、早朝や夜にも取引ができるのは大きなメリットですね。

 

特徴2. どこでもできる

インターネットにつながるPCさえあれば、どこでもできるのも大きなメリットです。

いろんな大容量のワイヤレス通信方法が普及してきたこともあるし、画面が小さくて不便な面もあるが、売買するだけならスマホでも十分可能です。

 

特徴3. コストが安い

海外旅行に行ったことがある人は分かると思いますが、外貨の両替手数料って、結構高いです。

銀行に行って両替してもらう場合、最近のデータをみると、日本円をドルに交換する場合1ドル=100.5円。

ドルを日本円に交換する場合、1ドル=94円となっています。6円近くの開きがあります。つまり、買って売っただけで約6円の損が生じることになります。

それほどコストが高いという事です。

それを考えると、FXの低コストは本当にすごいです。最近のFX会社の買値と売値の差はたったの1銭です。

もしも100万円分のドルを買ったとしたら、両替手数料は6万円、FXは100円ということです。

これってちょっとスゴイことですね。

 

特徴4. 下がっても儲けられる

FXでは「買い」だけでなく、「これから価格がさがる」と思えば、ものすごく簡単に「売り」という取引をすることができます。

「売り」とは今の価格よりも下がれば儲かる取引で、つまりは「株」の信用取引の「売り」と同じことです。

FXではゲーム感覚で「下がる」と思えば「売り」を選択できます。世の中で金融危機が起きた場合、「売り」ができるのは強烈な強みです。

もし、「買い」しかできなかったら、その通貨が値上がりする方向しか儲けられないけれど、フレキシブルに「買い」と「売り」を使い分けられるので最強です。

 

特徴5. 世界の通貨に投資ができる

世界中のいろんな通貨を取り扱っているのもFXの特徴です。

「トレードに徹するなら、主要通貨だけでいい」というのは事実ですが、世界中の国の通貨の値動きを見ているだけでも面白いし、経済の動きの勉強になるのは事実です。

為替の世界では常識ですが、どこよりも早く経済の動きを察知するのは、為替レートなのです。

何か突発的な経済変化や事件が起きた場合、いち早く反応するのは為替レートであり、その後に遅れて、ニュースや新聞などで報道されるのが一般的です。

報道が始まった時点でも、FXの投資家の方が新聞記者よりも詳しいことも多々あります。

為替の市場規模は、1日2兆ドルと言われており、化け物並の金額が取引されています。

ですので、流通量が少なくて、取引が成立しないという事はまず無いという点は安心です。もし、為替市場がなくなる時は世界の国が崩壊した時ですからね。

 

最近の投稿