熊本の農村部に莫大な利益をもたらした秘密のシグナルインディケーター

FXと金投資の違い

 

金投資とは?

金投資とは毎日価格の変動する金を売り買いして利益を得る投資方法です。

あまりなじみのない投資方法ですね!!

しかし、金は古来より、その希少性と美しさから世界宮中の資産として扱われてきました。現在でも世界中の中央銀行で準備資産として保有されています。

何故なら、国が破綻し紙幣が単なる紙切れになっても、金の価値がなくなることはないかです。ですので、金を資産として保有するのは賢明な選択肢の一つと言われています。

金の取引は米ドルで行われるため、日本国内の金の価格は米ドルに対する為替の影響を受けます。

金の米ドル価格が同じだとしても、1ドル100円の時に10000円分の金を買った場合と、1ドル110円の時に10000円分の金を買った場合では、1ドル100円の時に買った金の量のほうが多くなります。

この点は注意が必要です。

この理由の為に、金投資は短期間で利益を得たいと思う人には向いていない投資方法です。

短期の利益よりも現在の資産を守りながら長期に投資をしたいと思う人が向いています。

世界各地で起きる紛争やテロにより世界情勢は不安定で、これら突然起こる不測の事態を予想することは困難であり、それに伴って株価や為替の変動も急激に起こります。

ですので、世界共有の価値を持ち、無価値になる心配のない金投資は安全と言えます。

 

一旦、金投資のメリット・デメリットをまとめてみましょう。

金投資のメリット

  • 金自体は不変的な買いがあるため、価値がなくなってしまうことがない
  • インフレ時には紙幣の価値が低下するが、金の価値はインフレに強い

金投資のデメリット

  • 金の取引は米ドルで行われるため、円建て価格は為替の影響を受ける
  • 預金や株式と違い、利息や配当を生まない

金投資の種類

金投資には様々な種類があります。詳しくは他のサイトに任せるとして、純金積立、金ETF、投資信託、金地金、地金型金貨、金CFDなどがあります。

この中で、金ETFと金CFDは株式やFXのようなもので、金の価格の変動に合わせて売買を行い、利益を上げていく金投資方法です。

 

FX投資と金投資の違い一覧表

FX 株式会社
取扱金融期間 FX業者・証券会社など 証券会社など
取引方法 売り・買い両方出来る 売り、買い両方できる
取引レート 24時間常に稼働している ほとんど24時間稼働している
為替手数料 多くの業者は無料となっている 手数料あり
取引時間 24時間常に稼働している ほとんど24時間稼働している
取引期限 特になし 特になし
利益機会
資金効率 レバレッジ運用が可能 レバレッジ運用可能(20倍ほど)
投資対象数 約50通貨 対象は金のみ
リスク管理 多彩な注文方法でコントロール可能 多彩な注文方法でコントロール可能

上の表に、FXと金投資の特徴を比較しています。

FXと金投資の決定的に違う点としては、投資対象数と手数料です。

1. 対象通貨数

FXは為替に投資します。実際に、投資する対象となる通貨ペア数は約50程です。世界の基軸通貨である、米ドル、日本円、英国ポンド、欧州のユーロ、カナダドル、高金利通貨として人気の豪ドル、NZドル、南アフリカが主な取引多少通貨です。

一方で、金投資においては対象は当然、金のみです。日々変動する金の価格に対して取引を行っていきます。

2. 手数料

FX取引での手数料はほとんどの会社で無料となっています。一方で、金取引においては、取引する価格によって手数料が決まっています。おおよそ130円~1000円の範囲内で取引されています。

最後に、FXを選んだ際のメリットをまとめてみましょう。

 

まとめ

  • 取引対象数が適度に多い
  • 手数料が無料
  • 短期的売買でも十分利益が上げられる。

最近の投稿