熊本の農村部に莫大な利益をもたらした秘密のシグナルインディケーター

勝敗に関係なく、その後どうするかが大切

 

トレードで利益を出すことは簡単です。しかし、難しいのはそれを継続する事です。

もちろん、どんなトレーダーも勝ち続けることはできません。「どんな優れたプロのトレーダーでも」です。

多くの人はこの点を勘違いしているみたいですね。時には勝ったり、時には負けたり、、そうこうして、トータルでの収支がプラスであればいいのです。

常に勝つことは預言者か超能力者しかできません。

極論をすれば、相場は上がるか下がるかです。

適当によっても50%は勝つことになります。サイコロで買うか売るかを決めても、あみだくじで決めても同じです。

 

勝つと調子に乗り、負けるとヤケになるのが人の弱いとこ

大切なのは勝ち方や負け方です。そして、勝った後や負けた後が大切です。

人間は精神的に弱い生き物なので、勝つと調子に乗り、負けると大胆になる傾向があります。

勝ち続けるとポジション量を多くしてみようと思う人が多く、負けた場合にも、ポジション量を多くしようとする人が多いのです。

これは、勝った場合は調子に乗り、負けた場合はその分を早く取り返したいという心理が働くからです。

実は、投資において、無計画にポジション量を上げることは厳禁です。

投資は自分の決めたルールを守れる人が勝ちます。

儲けている人ほど、地味な作業を淡々と繰り返しているのです。

勝った後であっても、当然その地味な作業は継続しなければなりません。

負けた場合には、まずは冷静になって自分が最初に決めたルールをもう一度確認しなければなりません。

のこりどれだけの損失まで耐えられるのか?今回のトレードにおいて致命的なミスはなかったのか?負けた時は、少なくとも以前より資金が目減りしているわけなので、むしろポジション量は下げるべきなのです。

トレードで儲けると言えば、かっこいいイメージを持つ人も多いですが、しかし、実のところ、投資とは非常に孤独かつ単純な作業の繰り返しなのです。

勝ったといって喜んで、負けたといって、落胆していては身が持ちません。あなたは一攫千金を狙っているのですか?ならFXではなく、宝くじを買いにいくべきです。

 

トータルプラスにしなければ意味がない

資産運用をしようとしているのであれば、トータルプラスにするために、しっかりとルールを決めて、地味な作業を繰り返すしかないのです。

すべては慣れることが必要です。

習慣化することが必要です。

人はどうしても自分のお金の上下には心が動かされてしまいます。儲けることに慣れ、損にも慣れ、心動かされず、ルールを守り続けることが大切です。

そして、常に相場の状況を把握しつつ、勉強も続け、工夫もしていかなければなりません。

投資で儲けるというのは決して楽しく、楽なものではなく、ほかのお金儲けと同じくらいいばらの道と思っていいと思います。

この考え方が出来ないのであれば、普通に働いた方がいいです。少なくとも労働の対価はマイナスにはならないのですからね。

しかし、多くの技術のように一度身に着けてしまえば、それは人生においてかけがえのないものとなります。

一生お金を生み出す技術にかわるのです。

ぜひ、本気でFXを学んでほしいと思います。

 

最近の投稿