熊本の農村部に莫大な利益をもたらした秘密のシグナルインディケーター

FXでのリスク管理の真実

 

 

リスク管理には大きく分けて2種類あります。それは、「リスク回避」と「リスク限定」です。

目の前にあるリスクを回避すると判断したなら、それはそれで戦略のひとつです。むやみにリスクをとる必要はありません。

すなわち、自分の中で自信があり、高確率で勝てると思う時だけトレードするということです。

 

相場に立ち向かう=リスク限定

一方で、相場に立ち向かうと判断した場合「リスク限定」の処置が必要になります。損切の設定、ポジション量の再考、レバレッジの調整がそれに当てはまります。

1回のトレードでとれるリスクを計算し、それを元に、損切りポイントやポジション量、レバレッジをきめることでリスクを限定して相場に望むべきです

相場で生き残ることこそが最も大切となります。リスク管理は相場に望むための必須条件です。

自分で自分の資産をマネジメントできる力を補いましょう。

1回のトレードにおいて許容できる損失はいくらなのか?一度のミスをすれば、それを取り返すために何回勝たなければならないのか?

投資では程度の差こそあれ、リスクを取らなければ利益は取りに行けません。

予知能力がない限り、全勝することは不可能です。

だからこそ、リスクを回避することや限定することで知らない間に損失が拡大しないようにかんりする必要があるのです。

投資がゲームだとすれば、それは相場の動く方向を予想するゲームではなく、自分の資産をしっかりと管理して増やすゲームだと言えます。

 

損小利大を実践しよう

うまくリスクや資産を管理して、お金を増やすにはどうすればいいのでしょうか?

それは、大きく儲ける事ではなく、負けない事です。負けてもその負けを極力小さくすることが必要です。

例えば、相場が上にいくのか、下にいくのかが2分の1の確率だとして、あたる確率が50%ですね。

50%というのは低い数字に見えるかもしれませんが、実際に買っている投資家やシステムの勝率は30%や40%だったりします。

単純に1回のトレードで得られる利益と損失が同じであればトータルで負けてしまいます。

彼らがやっているは、損切りは早くそして利益は伸ばすという「損小利大」の原則なのです。

 

戻るまで待とうと思いたい自分の感情に打ち勝て

最初はなかなかできません。

人間は感情的な生き物であるから、どうしても利益は早めに確保して、損に対しては希望が強く、戻るまで待とう、という心理が発生してしまいます。

この心理に勝つためには、ロスカットのルールを決めて守るしか方法がありません。行き当たりばったりでは自分の気持ちに勝てるわけがないのです。

相場で儲けつづけるには、トータルでプラスにすることが必要です。それにはこれらを断固行う事が必要です。そうしなければ、負けずに100勝し続けても、その後に来た一度のミスですべてを失うことになります。

損切りをするということは、次にまた攻めることができる余裕を持つということでもあり、損切りしないとその含み損になっているポジションにすべてを託すことになりかねません。

その損失の出ているポジションをそのままにして、新たなポジションを持とうとすれば、今度はポジションを持ちすぎるなどの問題が発生します。

ひとつのポジションの行く末に今後が大きく影響されるような管理をしている時点で、遅かれ早かれ、破綻は目に見ているのです。

損切りについては、いろんな本やいろんなサイトにも書かれていますが、実際に守れる人は少ないのです。このことを軽く考えず、きちんと習得してほしいと思います

最近の投稿