熊本の農村部に莫大な利益をもたらした秘密のシグナルインディケーター

中古住宅販売件数

重要度:★★★★☆

発表日:下旬

発表機関:全米不動産協会

景気と関連性が深く、先行性が高い

中古住宅のうち、所有権の移転が完了したものです。

景気動向との関連性が深く、先行性が高いと言われています。

季節や天候の影響も受けやすく、予想と違った結果が出やすい傾向にあります。

金融政策変更時には特に重視されます。住宅の動向そのものであるため、サブプライム問題によって注目度が大きくアップしました。

しかし、それも徐々に悪いのが当たり前的な状況になっているため、素直には反応しない。

 

中古住宅販売保留

中古中多雨販売のうち、契約は成立しているが所有権の移転が完了していないものを示します。

高い確率で所有権の移転が行われるため、先行指数となります。

中古住宅販売件数そのものにまけないくらいの影響力があります。

しかも、市場予想値と結果が乖離しやすい傾向にあります。

サブプライム問題以降は、結果よりも、相場を動かすキッカケとして使われやすいです。

おまけ的な指標だとおもったら大間違いで、意外と大きな反応になることもあります。

最近の投稿