熊本の農村部に莫大な利益をもたらした秘密のシグナルインディケーター

ボリンジャーバンドを使いこなそう

 

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは、統計学から生まれたテクニカル指標です。

「5本の線の幅が大事です。その幅が広がると価格が動く可能性が広がります」

ボリンジャーバンドの真ん中は移動平均線です。

そして、内側の線から外側に向かって±1σ、±2σと数えていきます。

 

±1σの中に価格が収まる可能性は約68%

±2σの中に価格が収まる可能性は約95%

このように考えると、価格の止まる場所がある程度予想することが可能です。

例えば、価格が+2σにタッチしました。 95%の確率で+2σ線の内側にいるはずだから、ここで利確しておこうかな?

と考えることが出来ます。

実施に、上の図のチャートをみてみますと、+2σにタッチした後、ひげが出現したローソク足が多くあることが見て取れます。

すなわち、相場に参加している多くの人が、このボリンジャーバンドの理論を活用し、

「±2σにタッチしたから、利確しとこう」と考えているのです。

 

ボリンジャーバンドで±2σを超えてきた場合

 

さて、皆さんも経験があると思いますが、ボリンジャーバンドの±2σを超えてくる時もありますよね。

 

±2σを価格がこえる確率は、 5%なので、統計的に考えると、ほとんど起こらない、いわゆる異常事態を示します。

この時に二つの動き方をします。

パターン1.  異常値ということで、元に戻る。

パターン2.  相場全体が異常事態で、新しいトレンドができている。

私の場合は、5%の確率で起こることを信じて、積極的にトレードすることが多いです。

 

ボリンジャーバンドの実践的使い方

さて、続いて、実践編として、ボリンジャーバンドの使い方を詳しく解説します。

 ボリンジャーバンドでトレンドが発生した事を見極める方法

 

上の図はUDJJPYの5分足チャートを示しています。ボリンジャーバンドは期間20です。

バンドの幅が狭くなり、小さくしぼんでいるような形で推移した後、大きく上昇し、トレンドが形成されました。

この時、バンドの幅も拡大していることが分かります。

このように、バンドの幅が狭い状態 = エネルギーをためている状態と考えることが出来ます。

その後、爆発し、大きく動き出した。

では、バンドの幅が狭くなっているといっても、具体的にどのくらいなの?

はい。確かにそうですよね。私は、日ボラを気にしています。

一週間の日足のボラの平均値が100pipsだったとします。

そして、本日はまだ30pips程しか動いていなくて、バンドの幅も20pips~30pips、さらに、その状態が2時間以上続いているとします。

このような場合、多くの人は、今はエネルギーをためている状態で、大きく動き出すのを待っているな!

日足の平均のボラが100pipsだから、今日は少なくとも50pipsぐらいこれからさらに動くだろう!と考えています。

そして、上のチャートのように、大きく上昇し出しました。

ここで、+2σを終値で超えてきたかどうかが重要になります。

終値まで待つことで、だましを回避することがある程度可能です。この時に買いでエントリーします。

さらに、その日の高値を突破していれば、なお勝率の高いエントリーと考えることが出来ます。

 

レンジ相場でのボリンジャーバンドの使い方

まず、レンジ相場とは何か?を考えていきます。

「レンジ相場とは、トレンドがなく、ある一定の範囲内で、高値も安値も更新しない場合のこと」を示します。

簡単に見分ける方法としては、

ボリンジャーバンドの真ん中の移動平均線が横ばい状態であるときです。

この状態では、±2σの中に納まる可能性が非常に高いことを考えて取引を行います。

 

多少、後付け感がある図になってしまいましたが……

+2σにタッチし、ひげを形成して、終値が+2σ線を超えてこなければ、売りエントリーします。

また、-2σにタッチし、ひげを形成して、終値が-2σ線を超えてこなければ、買いエントリーします。

基本はこれだけです。

注意点としては、移動平均線と±1σ、±2σ線が横ばい状態であることしっかり確認することです。

また、ボリンジャーバンドの幅が急に大きくなった場合は、トレンドが形成されてきたことを示すので、早めに損切を行いましょう。

最近の投稿