熊本の農村部に莫大な利益をもたらした秘密のシグナルインディケーター

DMIをマスターしよう!!

 

 

DMIとは?

DMIとは、簡単に言うと「トレンドが上下どちらに強いのかがわかるもの」です。

DMIは3本の線から成り立っており、「+DI」と「-DI」と「ADX」と呼ばれています。

±DIは簡単に言うと前日の高値や安値を基準にして、それぞれを上まったり、下回ったりした分を方向性としてあらわしたものです。

赤色の線が+DI、緑色の線が-DIを示しています。

+DIは上昇パワーを示す線で、-DIが下降のパワーを示すものです。

  1. +DIが-DIよりも下にあるときは下降の力が強い
  2. -DIが+DIよりも上にあるときは上昇の力が強い

このように考えて取引する際の目安にしていきます。

そして、もう一本の線であるADXですが、図には青色の線で示しています。

これはトレンドの強さを示すもので、傾きがあれば、強いトレンドを示していることになります。

まとめると、

+DIと-DIの位置関係で、どちらに方向性があるのかを確認した後、ADXの傾きでトレンドの強さを見るといったふうに使っていきます。

 

DMIの基本的な使い方

DMIの基本的な使い方を紹介します。

まず、ADXですが、前回、トレンドをの大きさを示した指標であることを紹介しました。

ここで、右の縦軸に%の数値があります。これは、トレンドの強さを数値化したもので、

数値が0に近い水準から上がり出すと、値動きが強まってきた証拠になります。

ここで注意したいのが、ADXとトレンドの向きは関係ないことです。

下降トレンドの勢いが強い時でもADXは上昇します。あくまでもトレンドの強さを示すものと考えてください。

ADXの水準は25付近から上昇して来れば、強いトレンドと判断してもいいでしょう。

上限は60あたりが目安になります。

60付近になれば、ある程度トレンドが終わるな!!と判断できます。

 

さて、実際のエントリーの仕方ですが、

+DIが-DIを上抜けたら買い

+DIが-DIを下抜けたら売り

移動平均線のゴールデン・デットクロスのような考え方ですね。

そして、このクロスの時に、ADXが25未満であり、右上がりになってきたら、ベストなタイミングです。

そして、利確は、トレンドが一旦落ち着き出す60付近ですね。

だましの回避方法としては、クロスしても、ADXが60付近にいたり、横ばい状態だったりすると、だましと考えて、見送ることもできます。

非常に使い勝手のいいインジケーターです。

 

レンジ相場でのDMIの考え方

DMIをレンジ相場でだましにあわずにつかうには?

もみ合い相場だとDMIのシグナルがあいまいになりやすいのが特徴です。

相場はトレンドが3割・レンジが7割と言われており、圧倒的にもみ合いの時間が長いのが特徴です。

トレンドがなくなると、DMIの3本の線が複雑に絡みあるので、あいまいな売買シグナルがでやすくなってしまいます。

これがDMIの弱点です。

 

では、このもみ合い相場の場合、どのように考えるべきか?

OCO注文でレンジブレイクを狙っていきます。

 

もみ合い相場の高値と安値にOCO注文をしておきます。

これは、上か下、どちらにブレイクするのかわからないので、あらかじめ、上下にセットしておきます。

そして、どちらかにブレイク(注文が約定した)したら、ADXの傾きも大きくなっていることを確認します。

ここで、注意点としては、高値と安値を明確に抜けたことを確認したので、OCO注文はすこし外側にセットする感覚で行うとよいでしょう!!

 

最近の投稿