熊本の農村部に莫大な利益をもたらした秘密のシグナルインディケーター

ペナント(三角保ち合い)とは?

 

ペナントとは?

ペナントとは高値と安値が徐々に三角型に収束していくパターンです。別の言い方で「三角保ち合い型」と呼ばれます。

ペナントは上昇・下落の途中でよく出現する形で、

下の図のように、高値と安値を斜めに結んだトレンドラインが時間とともに収束し、その後上下どちらかに大きくブレイクするようなパターンです。

高値が徐々に切り下げており、高値を結んだ線をレジスタンスライン、

安値が徐々に切り上がっており、安値を結んだ線をサポートラインと呼びます。

ブレイクした方向にエントリーする

実際のチャートを下に示しています。

ペナント型を形成した後に、下にブレイクし、そのまま下落していくパターンです。

 

基本的にブレイクした方向にエントリーするのが定石です。

上位足の方向も一致していると、より積極的にエントリーすると良いです。

 

トレンドラインが支持線や抵抗線になる時も

先に紹介したチャート例は下にブレイク後、そのまま勢いよく下落したパターンを紹介しました。

一方で、ブレイクした後にトレンドライン(レジスタンスライン・サポートライン)が支持線や抵抗線として一旦反発した後に、ブレイクした方向に相場が動いていくことも多々あります。

下の図を用いて説明します。

ペナント形成後、レジスタンスラインを上抜けしたが、一旦戻ってきて、レジスタンスラインがサポートラインとして機能し、反発後上昇したパターンです。

このような形もよく出現するので、頭に入れておくと良いです。

 

ダマシを回避する

ペナント形成し、ブレイクした方向にエントリーしたが、逆に相場が動く場合も当然あります。

下の図はそのパターンを示しています。

 

レジスタンスラインを上抜けたが、その後、逆の方向に価格が動き、下降していったパターンです。

このような場合は、事前に今の相場が上昇トレンド中なのか?下降トレンド中なのか?を確認しておくことが大切です。

上の図では高値が切り下がり、安値が更新しているので、下降トレンド中だと分かりますね。

ですので、この時にペナントが出現した場合、下にブレイクしたら売るが、上にブレイクしたら様子を見ようと事前に決めておく必要があります。

今後、様々なチャートパターンを学んでいくと思いますが、どのような場合でも今の相場環境がどちらに向かっているのか?をしっかりと認識した上で活用することが大切です。

最近の投稿