熊本の農村部に莫大な利益をもたらした秘密のシグナルインディケーター

113円のサポートブレイク!下降トレンドの始まりか!?【2017年11月13日~10日のトレード記録】

さて、今週の相場の振り返りとトレード記録です。

今週の相場の振り返り

先週の前半はレンジ相場、後半は113.00付近の強いサポートを下抜けた事から、下落が目立つ相場でした。13日・14日と目立った動きはなく、勢いのない相場状況。ただ、高値が切り下がっていることを考えると、売りの圧力が強い状況でした。15日に113.00付近の強いサポートを下に突破したことを受け、買いポジションの解消・新規売りが入り、週末まで大きく下落した一週間でした。サポートラインがレジスタンスラインとして機能し、山3つの形成を作った後の売りがわかりやすかったですね。

ファンダメンタル的な要素としては、今週半ば15日に注目していた米10月消費者物価指数・コア前年比+1.8%(予想+1.7%)、10月小売売上高+0.2%(予想0.0%)、除自動車+0.1%(予想+0.2%)は、ともに大きな影響はなく、市場も反応薄でした。北朝鮮問題も特に影響なく、為替市場は、明確なテーマや決定的な材料が出るのを待つ状況です。

11月13日

先週・先々週から114.50付近の強いレジスタンスが意識され、上値が重い状況。一方で、113.00付近のサポートもあることから、短期的に売りを仕掛ける場面。

11月14日

レンジ相場の中での短期的な買い。

11月16日

前日に強いサポートラインを下抜けた事と長期足の移動平均線の位置から、目線を売りで固定する状況でした。15日は何度か浅めの損切を繰り返しながら、次の日にシグナル通りのエントリーで、1ポジション利確できましたね。

11月17日

いいタイミングで売りを仕掛けることができました。長期足の方向性・各インジケーターの方向性がそろっている状況なので、利を大きく伸ばすことができます。

来週もしっかりと利益を上げて参りましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿